2017年8月

”直虎” ショック

  歴史物と言えば、「男の大将」「戦」が定番であるが、今年のNHK大河ドラマ「女城主 直虎」は趣が異なる。 今の時代をも反映する女性リーダーの人生として興味深い。 自分らしく、武力を用いず、知恵とコミュニケーション力を駆使して、周囲を巻き込み、危機を乗り越え、国を統治する様は痛快だ。 

 特に目を引いたのが、井伊直虎の幼馴染で側近の小野政次だ。 彼女との真の信頼関係と俳優の演技が凄くて、回を重ねる毎に見入ってしまうのだが、先週とうとう、政次は国と直虎を守るために、我が身を差し出し、張付けの刑に処されることになった。 度肝を抜かれたのはここからだった。 私があれこれ説明するより、ネットで第33話を検索してもらう方が伝わるので、絵だけにしようと思うが、もう涙でボロボロになってしまった。 しつこく昨日の再放送を見ても同じ。。。 年末の総集編も見逃すものかと思っている。直虎

 直虎の行動は、どこの世界にもいる近藤康用のような好戦的な悪玉を戦わずして封じるに最も有効な手段、戦国武将の覚悟を見せる結果となったが、ここまでやらなければならないのか。

 さあ、今晩の放送から直虎はどうするのだろう? ああ、あんな政次やアンドレ(ベルサイユの薔薇)のようなサポーターがいてほしい、と思うのは私だけではないだろう。 因みに私の夫は、今年の大河だけはほとんど見ていない。 やはりこの世の中 近藤タイプが多いのかもしれない。。。。。。

     ポッポ