Top » そらあい・おしゃべりカフェ » 飛行機 » RJTOナビゲーションフライト

RJTOナビゲーションフライト

RJTOナビゲーションフライト

enroutRJTO

航空無線施設を利用し片道86マイル/約55分のフライト。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

燃料は自分達で入れます。両翼で52ガロン約5時間飛ぶことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

利根川上空1500ft。フォーメーション(編隊飛行)訓練を10分間。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

離陸後10分、製鉄所や石油コンビナートが見えてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

離陸から25分、外房の海が見えてきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

館山湾と房総半島の突端(洲崎)も見えてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洋上に出てすぐ、大島の島影が見えてきました。洋上フライトは18分を予定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

房総沖から見る富士山。強い西風のためヘディングは西へ15度オーバーで飛びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

強風のため高めに進入。PAPIは白4つ、滑走路は長いので余裕を持って着陸します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小型飛行機で他の空港へ行くって、いったいどういうことなのだろう…という疑問を持っている方も多いと思います。基本は地図に線を引いて距離と時間を割り出し、そのとおりに飛んでいきます。今年の初フライト、RJTO(大島空港)までのナビゲーションの様子を、航空地図と写真でご紹介します。DECO

この記事に対するコメント


※下には、この記事に対して寄せられたコメントが表示されています。上に行くほど最新のコメントとなっています。

  • 投稿者: JWAA会員2014年2月14日 22:29
    本当にドッカーンと煽られます。本当はこんな写真を撮っている場合ではないかもですが、訓練を重ねた大西飛行場RW26の赤城おろし(強風&右クロス)のおかげで、右席もかなり慣れました。DECO
  • 投稿者: JWAA会員2014年2月12日 12:18
    大島空港の強い南西風は大変ですね。滑走路21に入るちょっと手前にある乳ケ崎を越えて来る風が乱流となって進入機を襲います。滑走路が長いので、このように滑走路中央あたりを狙って高いアプローチにするのが無難です。それでも、ドッカーンと煽られることを覚悟しながら行くわけですね。 お疲れ様でした!

Page Top

コメントをどうぞ

Page Top