夜間飛行訓練

夜間飛行訓練

先週、夜間飛行訓練をしに、名古屋空港へ行った。明るいうちに到着したが、戦闘機や旅客機やらひっきりなしに飛んでいて、割って入るのも大変。

日没と同時にまず私ひとりで上がって夜間の経験付けを行うのだが、まだ薄暮の状態。それでも、この空港を自分で飛ぶのは30年ぶりだし、久しぶりの夜だから、目の前を飛んでいった戦闘機に続いて滑走路に入ると、乱気流が収まるのを待つ間、ワクワク、ドキドキ。 さあ、離陸。ランウェイライトの中から空へ飛び出すと、光の海が広がった! 「あー、やっぱりキレイ」 昼間の疲れも一気に吹き飛び、嬉々として四角い光の枠へゆっくり降りていく。

しかし3回着陸できなかった。速いヤツラに先を越され、ぐるぐるとダウンウィンドで待たされて、2回目で時間切れ。でも、その後、二人の訓練生のフライトでたっぷり夜景を堪能した。

名古屋の運航センターや燃料屋さんはとても親切だった。広い小型機エプロンはまだまだたくさん空いている。小型機だからこそ、この輝く光の海を泳げるのだ。「もっともっと名古屋へ来て欲しい」と言う言葉に、「みんな、名古屋の夜はいいよ♪」と宣伝したくなった。

ポッポ

 

この記事に対するコメント


※下には、この記事に対して寄せられたコメントが表示されています。上に行くほど最新のコメントとなっています。

  • 投稿者: JWAA会員2013年2月8日 17:34
    夜間飛行のスケッチ、上手いですねー。温かみがあって絵本の挿絵になりそうです。 四角い光のワクにゆっくり下りていくあの感じ、小型機乗りならではのステキな一時ですね。 DECO

Page Top

コメントをどうぞ

Page Top