Top » そらあい・おしゃべりカフェ » アート » 今年は「Negative Safety」

今年は「Negative Safety」

今年は「Negative Safety」

 今年の漢字は「安」だそうだが、テロ、難民、安保法案、沖縄基地問題、そして調布飛行場では墜落事故があり、大利根飛行場では飛行機が水没するという稀な事態も発生し、不安がいっぱい。 だから勝手に航空用語っぽく「Negative Safety」とした。

 航空や宇宙産業はこれまで戦争や冷戦のおかげで著しい発展を遂げてきたわけで、最近でも戦闘機が他国の爆撃機を撃墜したのと、航空機には何かと争い事がついまとう。 さらには、ゲーム感覚の遠隔操作で爆撃を行なう血の通わないドローンまで登場。パイロットからは見えにくかった地上の人々がますます「他人ごと」となっていく。

 戦後70年経っても、沖縄のやんばるの森には米軍ヘリパッドが次々と増設され、オスプレイが飛び回る。 オスプレイ

 人はなぜ戦いたがるのか? 私には「ここはオレの陣地だから入るなよ」と言い合う子供たちの姿が国に重なって見えるのだが。。。 やはり好きな航空機には、不幸でなく幸せを運んでほしいと願うようになった一年である。

                                         ポッポ

 

この記事に対するコメント


※下には、この記事に対して寄せられたコメントが表示されています。上に行くほど最新のコメントとなっています。

  • 投稿者: JWAA会員2015年12月23日 21:02
    今年はISによる日本人殺害に始まり、11月には13日金曜日にパリでテロが仕組まれ、続いてトルコ軍によるロシア軍機撃墜事件と、世界がアメリカの及び腰に気づいて、新たな枠組みスタートのような一年でした。陸続きのヨーロッパ諸国は民族と宗教と国益が絡み合った、まさに陣取り合戦の結果。その点日本は海というお堀に囲まれ、何ともラッキーに思えます。ガラパゴスと言われようと何だろうと、日本だけはいつまでも平和であってほしいと心から願う私です。DECO

Page Top

コメントをどうぞ

Page Top