新型実地試験

新型実地試験

新型実地試験 先月 今年度初めて、改定された内容での自家用実地試験が行われた。 昼過ぎから雷雨の予報であったが、以前なら未了で持ち越しになるところ、改訂によってフライトが大幅に短縮されたことで、後でオーラルを行い無事全部を終了できた。

 数十年前から実地試験といえば、朝の準備から、最後の試験官からの講評まで10時間近くかかることもある長く、辛く、最後は体力勝負の国家試験であった。

 今回は前席に教員が座り、試験官は後席から指示を出したが、いつもの訓練のようなポジションと内容で、本当にプレッシャーなく、実力を発揮できたと思う。 これなら、試験で燃え尽きることなく、その後に楽しみを見出しながら、飛び続けれるのではないだろうか。

 しかし、近年あっちでもこっちでもプロのパイロットが足りないと言われるが、どうしたら早くできるのだろう? 映画「マトリックス」では、脳に操縦マニュアルをインストールするとすぐに操縦できていたが。。。

      試験で前席に座るとまったく気が抜けずストレスの溜まった教員ポッポより

 

 

この記事に対するコメント


※下には、この記事に対して寄せられたコメントが表示されています。上に行くほど最新のコメントとなっています。

  • 投稿者: JWAA会員2014年6月10日 13:09
    試験のやり方も変わってきているのですね。悪天候が予想される中、飛ぶ飛ばないは機長判断。ある意味、積み重ねの訓練内容と教官が信用されているのでは? それにしても、いつも絵が楽しいです! 夏になると、こういう時ってありますものね。 DECO

Page Top

コメントをどうぞ

Page Top