桜の開花が年々早くなってきていて、入学式の頃には終わってしまう、という話をよく耳にしますが、桜が咲くと本当に春が来たなと実感できるので、早く咲くと得をしたような気にもなります。当協会の事務所のある千代田区には千鳥ヶ淵を始め、靖国神社や外濠公園など桜の名所がたくさんあります。あまりにきれいなので、もう少し長く咲いていてほしいなと思うこともありますが、はかなさも美しさの要素なのでしょうね。

Top

そらあい・Best Shot

国立劇場前庭の桜

皇居の西側、半蔵門近くの国立劇場の前庭には、様々な種類の桜が植えられていますが、特にこの「神代曙」はソメイヨシノよりもピンクの色合いが濃く、花もたくさんついているのでとても豪華です。低い木で、枝が歩道まではみ出しているので(歩行者は通行に注意という注意書きがあるほどです)、手に取って見ることもできます。お堀の北側の千鳥ヶ淵はお花見で有名ですが、南のほうに足を延ばしてみると違った種類の桜も楽しめますので、ぜひどうぞ。さくらまつりの期間中はライトアップもやっているそうです。

新着情報

※最新の5件のみ表示しています。全ての新着情報は新着情報一覧でご覧いただけます。